歴史

西川ピアノ調律所は1973年2月に鳥取市にピアノの為の技術会社として創業しました。
1979年に鳥取県初のスタインウェイピアノを鳥取市に販売納入し、より良いピアノを販売する為に、スタインウェイピアノを始め、舶来ピアノの販売を始めました。
これを機に、欧州(特にドイツ)で行われるピアノ製造、修復、修理とコンサートピアノ調律の研究を進め、2002年からスタインウェイ&サンズ社の100%出資の日本法人であるスタインウェイ・ジャパン株式会社と特約店契約を結び、今日に至っております。 この間に、セオドールスタインウェイアカデミー資格試験(ドイツ・スタインウェイ社から直接与えられる)に合格した技術者を擁し、技術の更なる研鑽に務めています。
現在、スタインウェイピアノをはじめとしヨーロッパ製造・アメリカ製造・日本国製造のピアノにこだわり修理修復し、ピアノの新しい価値観を皆様にお届けしております。
また、コンサートホールのピアノの維持管理を起点に、ご家庭のピアノにも同じ技術と理念をもって調律、修理させて頂いております。

理念

「ドイツの技術に日本の真心を込めて」

代表ご挨拶

「Piano Beautiful」

 ピアノは19世紀に弦楽器と打楽器の融合として打弦楽器として生まれました。88の鍵盤を擁し、楽器としては最も多くの音と最も広い音域を持っています。ヨーロッパを発信源としてアメリカを通じ今では世界中の人々を魅了したくさんの種類が存在しています。
 ピアノとは本来、大きさ、型、外観、音色、弾き心地と様々に特徴を持つ、個性、表情豊かな美しいもの。弊社では、ドイツの技術に日本の真心を込めて、一台一台それぞれの特徴を最大限に引き出す技術を提供いたします。 全てに於いて厳選されたパーツを用い、正統で伝統的な修理・調律技術によって、世界基準のピアノを供給しております。偏った個性や特徴は追求せず、常に基本に忠実に、正統性を追求してこそ、バランスのとれた、調和を目的とした音が生まれるのです。
『ピアノは美しい』
 弊社は今日までのピアノ開発技術者に最高の敬意を払い、現在存在するピアノに対して最高の技術を用いて、「美しいピアノ」の再構築に邁進して参ります。

会社概要

会社名 (有)西川ピアノ調律所
住 所 〒680-0022 鳥取県鳥取市西町4丁目421
設 立 昭和48年2月
代表者 西川昌孝(代表取締役社長)
電話番号 0857-23-8766
業務内容
  • 調律・修理・販売(外国製・国産ピアノ新品・中古品)
  • スタインウェイピアノ鳥取県正規特約店(ボストンピアノ、エセックスピアノを含む)